2011年5月13日開催 決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

連結決算実績は、売上高1,252億71百万円、営業利益73億25百万円、経常利益53億90百万円となり、最終損益は、120億43百万円の当期純損失となりました。
昨日、開示いたしました業績見通しの修正に沿った着地でございます。
第3四半期決算時に業績見通しを売上高1,300億円、営業利益80億円、経常利益60億円、純利益10億円とご報告しておりましたが、年度末において再度資産の査定を厳格に行い、特別損失を計上したことから、純損失を計上することとなりました。
なお、販管費は前期の563億円から 443億円に圧縮しております。営業外費用には、為替差損が21億49百万円発生しておりますが、主として外貨建ての債券から発生したもので、評価損を計上したものになります。
為替差損の発生を要因として、73億25百万円の営業利益に対して、経常利益は53億90百万円となっております。
特別損失についてご説明いたします。
のれんの減損を主要因とした減損損失を88億53百万円計上いたしました。事業環境が大きく変わっていることをとらえ、買収したEidos、タイトーについての買収時のキャッシュ・フローの見積もりを厳格に見直した結果として、減損を実施したものでございます。
コンテンツ廃棄損、コンテンツ関連損失は、資産査定を厳格に行った結果として、合計44億円強の開発中止等の損失を計上したものです。
また、今回の震災によるタイトーの店舗の倒壊等を主要因とした災害による損失を5億70百万円計上しております。
以上の結果、120億43百万円の純損失を計上しております。

バランスシートについては、今回の資産査定の厳格化、転換社債の償還に伴い、総資産を2010年3月末の2,705億円から2,063億円に圧縮しております。

ページの先頭へ

印刷 PDF