2011年11月4日開催 第2四半期決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*
*
*

振り返ると、前々期は過去最高益だったものの、実際は、前期、前々期あたりが一番ひどい状態でした。それに対して、上手く種も撒けてきましたし、それぞれのタイトルの品質も内容を伴ってきたのが現状です。 海外展開も欧州は完成形に近づいてきており、米国もスタッフが揃ってきて、これからが楽しみな状況になってきています。 ただし、今期に貢献するのはまだ一部で、収益に跳ね返ってくるのはもう少し先になります。このため、現時点では、改革の進捗自体が順調であるということをご報告出来ればと思います。

ページの先頭へ

印刷 PDF