2013年5月13日開催 決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

今後の事業、特にデジタルエンタテインメント事業のHDゲーム事業について、ご説明します。 一言で申しますと、パッケージ販売、特に欧米マーケットでのパッケージ販売ビジネスの営業効率、収益効率が非常に厳しくなっております。2013年3月期は、大型タイトル「スリーピングドッグス」、「ヒットマン」、「トゥームレイダー」を発売しました。ゲームのクリエイティブ面では、いずれのゲームも市場からの評価は高く、クオリティとしても満足できるもので、当初目的としていた既存IPの再活性化、および新規IP創造の目標は達成できたと考えております。 しかし、採算面で見ると、他の多くの強力タイトルとの競争が激しくなっており、様々なエンタテインメントコンテンツが提供される中、お客さまの選別も厳しくなっており、非常に厳しい結果となりました。 特に、流通への販売本数もさることながら小売りでの実売本数、つまり純売上高が重要ですが、ここが非常に厳しい結果になっております。パッケージ販売では、価格政策が重要であり、近年の競争激化を反映してプライスプロテクション(価格維持対策費)、バックエンドリベート(販売奨励金)といった価格政策費用が非常に重くなってきております。 また、欧米市場においては、これまで比較的長期にわたって売れるということが言われていましたが、大型タイトルが込み合っていく中、販売機会・期間が非常に狭まってきており、初回出荷を極大化するための広告宣伝費の負担が重くなってきております。 これらの結果として、先ほど、損益計算書で説明したとおり、返品調整引当金繰入額及び広告宣伝費が増加し、開発費は回収出来たものの、十分に利益貢献するまでには至らなかったわけです。 この状況は2013年3月期の一過性のものではなく、構造的な問題と考えております。従来のように、収益モデルとしてのパッケージソフト販売だけでは、投資に見合った利益を十分に確保するのが難しくなってきていると考えております。 従って、この価格面で硬直的なビジネスモデルをどのように変えていくのかが重要であり、オンライン化や収益機会の多様化が鍵となると思います。 この点は、従前から申し上げている事ですが、今後も一層これを推進して参ります。

ページの先頭へ

印刷 PDF