2013年11月6日開催 第2四半期決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
(スライド続き)*

次に、貸借対照表の説明に移ります。短信3ページをご覧下さい。 コンテンツ制作勘定は、前期にタイトルの大幅な見直しを行った関係で、昨年度末で158億円となっておりましたが、第2四半期末で254億円に増加しております。 コンテンツ制作勘定の内訳については、国内外でおよそ半分ずつの残高となっておりますが、従前とは性格が異なってきております。 国外については、欧米でオンラインゲームのタイトル制作を強化しているため、コンテンツ制作勘定の構成も変わってきており、今後は、仕掛の回転が、従前より上がってくると考えております。そうした点を踏まえて、仕掛の残高水準については、コントロールを強化していきたいと考えております。 それ以外の項目については、昨年度末より特段大きな変化はありません。 現金及び預金は、1,048億円の残高で大きく変動しておりません。 短信4ページの負債についても、昨年度末より大きな変化はありません。

*

こちらは、デジタルエンタテイメント事業の売上高推移と構成です。 MMOは、当年度上期に関しては、「FFXIV」のソフトウェア販売と「ドラゴンクエストX」のPC版のソフトウェア販売も含まれます。「FFXIV」の課金収入については、下期以降大きく貢献してもらえると期待しております。

*

こちらが「FFXIV」の進捗状況です。8月27日に発売し、好調な販売を記録しております。 一時は人気が過熱して、サーバアクセス、ダウンロード販売等の停止といった制限をかけさせて頂くという非常に申し訳ないこともありましたが、それくらい好調です。 9月末現在で累計販売本数145万本、足元の課金者数は60万人を超えております。 「FFXI」の課金者数のピークが55万人でしたので、すでにその規模を大きく超えております。 様々なコンテンツやサービスの追加・充実を準備しておりまして、今後、数字を更に大きく伸ばしていきたいと考えております。 これらの取り組みが、今年度、来年度以降に収益に大きく寄与すると期待しております。

ページの先頭へ

印刷 PDF