2013年11月6日開催 第2四半期決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
(スライド続き)*

まず、PC向けに「PCファースト(先行)」ということで開発を行っておりますが、PCから他のデバイスへの展開も視野に入れております。 その取り組みの一例として、「Nosgoth」というPC向けF2P型のアクションゲームを開発しているということです。

*

国内については、すでに公表しております「ドラゴンクエスト」シリーズや「ファイナルファンタジーアギト」などの有力作品をスマートデバイス向けにローンチしていく予定です。また、「ドラゴンクエストX」をスマートデバイス向けクラウドゲームとして、「dゲーム」に提供します。 こういったサービスを拡充して、様々な形態のゲーム体験を充実させていくという方向で、開発のあり方を全般的に見直しているところです。

*

次に海外展開について、事例を交えてご説明します。 上期は、「拡散性ミリオンアーサー」が好調で、韓国・台湾に続いて中国本土でもヒットしております。 今後は、時期は未定ですが「FFXIV」の中国本土での展開も視野に入れており、さらに課金ベースを広げていきたいと考えております。 また、当社グループで初めて東南アジアの開発拠点・事業拠点として、インドネシアで子会社を設立しております。

上期の業績は、以上になります。 年初計画との差異としては、「FFXIV」とアミューズメント事業の想定以上の好調さに加えて、その他の様々なプラス要因が重なり、年初計画では営業損失の予想でしたが、大幅に増益となり、黒字を確保いたしました。

ページの先頭へ

印刷 PDF