2014年5月12日開催 決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

先ほど申し上げました通り、中国本土のゲーム市場開拓が今年度の大きなテーマとなります。 特に、中国本土は、F2PのPCオンラインゲームのマーケットが非常に大きいですが、最近、モバイルゲーム市場が加速度的に伸びていますので、ここをタイムリーに捉えていくことが重要なテーマです。

*

MMO「ファイナルファンタジーXIV」は、中国に加えて、その他の地域での展開も準備中であり、「ドラゴンクエストX」についても、海外展開を検討中です。 スマートフォン向けゲームでは、「三国志乱舞」を中国テンセントとの協業で展開してまいります。 中国本土・東南アジア向けのモバイルゲームの展開は、我々にとっても重要な課題ですので、日本で成功したタイトルを積極的にこれらのマーケットに提供していくことに注力してまいります。

*

今年度のHDゲームのタイトルですが、直近で出てくるものとして、シングルプレーでストーリー性の高いゲームである「マーダード」が挙げられます。これは、国内のチームが米国エアタイト・ゲームズと共同で開発したゲームで、PS4、PS3、XboxOne、Xbox360、PCのマルチプラットフォームで出す予定です。マーケットの事前評価も高いので、一定の成果を期待しております。 一番下に記載しているタイトルが「ノスゴス」です。これは、当期に欧米スタジオの開発方針の見直しを行ってオンライン対応を進めた成果のひとつです。「レガシーオブケイン」という有名なタイトルの世界観をベースにして、F2PのPCオンラインゲームとして開発したものです。現在クローズトベータ中です。ゲームプレーとしては、かなり高い評価を頂いております。 今年度中にいくつか、このようなオンライン系のタイトルを発表していく予定でおります。

*

「トゥームレーダー ディフィニティブエディション」、「コールオブデューティー ゴースト」などをXbox One向けにもリリースする予定です。また、「キングダムハーツ2.5」も鋭意開発中であります。   これ以外にもいくつか開発中のタイトルがあり、順次発表してまいります。

ページの先頭へ

印刷 PDF