2016年5月12日開催 決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

次に、MMOです。当期は非常に好調な業績となりました。特に、「ファイナルファンタジーXIV」及び「ドラゴンクエストX」の拡張ディスクの販売が収益に大きく寄与し、運営面への貢献も大きかったと考えております。 一般論として、オンラインゲームの場合、追加コンテンツの投入等が無ければ、会員数などが低減します。2017年3月期は、追加ディスクの販売が無いので、運営でどのように盛り上げるのかという点が重要になります。 2016年はドラゴンクエスト30周年、2017年はファイナルファンタジーの30周年なので、色々なイベントを企画して運営を盛り上げていきたいと考えております。 但し、売上高の水準で見ますと、2017年3月期は、拡張ディスクの販売が無い分、前期比で減収になります。

*

スマートデバイス・PCブラウザ向けゲームについては、有力IPのタイトルから新規IPのタイトルまで、幅広くコンスタントに上位ランキングに入るようになりました。 全てのタイトルが成功する訳でありませんので、収益的に厳しいタイトルを整理し、新しいタイトルに注力するというサイクルを意識的に作ってまいりました。 その結果、ヒットタイトルが揃ってきたと考えており、2017年3月期以降もタイトルの見極めをしっかり行いたいと考えております。

*

こちらが上位ランキングに入っている当社タイトルの一覧です。「グリムノーツ」は新規IPですが、宣伝費用もそれほどかけずに、サービス開始当初から上位にランクイン出来たのは、大きな成果であると考えております。

*

アミューズメント事業は、「ディシディア ファイナルファンタジー」が3,000台超の販売と好調で、稼働状況もかなり高い水準になっております。店舗運営では、電子マネー、インバウンド消費が牽引しました。特に、電子マネーは、交通系のものが利用出来るようになってからの伸びが顕著です。店舗運営において、お客様の利便性を挙げることは重要なので、電子マネーの導入は引き続き推進してまいります。

ページの先頭へ

印刷 PDF