2016年11月8日開催 決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

下期の予定タイトルです。既に配信済みのものも有りますが、内容や開発状況などを再度精査し、万全の状態で出すことを考えております。 そのため、タイトルによってはサービス開始のタイミングを見直しいたします。

*

アミューズメント事業についてです。 店舗運営は、既存店前年同期比で100%を上回り、堅調に推移しております。タイトーが導入を進めている電子マネー決済がお客様の利便性を高め効果的に寄与したものと考えており、今後も決済の簡便化を推進してまいります。 店舗関連では、池袋西口店にゲームカフェ「STORIA」を開店しました。「STORIA」はライブ形式のゲームを配信する場として設けており、お客様にゲームのライブの楽しみをご理解いただくことで、ゲームの課金収益・販売につなげていきたいと考えています。

*

出版事業については、アニメの端境期であったため、前年同期比減収減益となりました。下期以降、前期から仕込んでいるものが順次出てまいります。 市場全体の動向では、ペーパーメディアが厳しい状況ですが、デジタルへの移行だけではなく、IPを使った新しいビジネスへの展開について積極的に取り組んでいるところです。 漫画のVRコンテンツを東京ゲームショウに出展したところ、非常に注目を集めました。これは漫画の新しい形態の一つだと考えており、できれば来年度中の早い段階で商品化したいと思っています。

ページの先頭へ

印刷 PDF