2017年11月8日開催 決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

松田です。各事業の進捗状況についてご説明します。

*

まず、デジタルエンタテイメント事業のHD事業です。業績に最も寄与したのは「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」で、お客様からの評判も良く、ゲームの内容も高く評価されています。また、「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」もリマスタータイトルとしては好調に推移しています。 リピート販売も、今年2月発売の「NieR:Automata」が累計販売本数で200万本を超え、前年度に引き続き、海外タイトルの「RISE OF THE TOMB RAIDER」や「JUST CAUSE 3」がダウンロード販売で売上を伸ばすなど好調に推移しています。来年度以降は、海外タイトルの発売が多く、長期でのリピート販売に期待しています。

*

現時点では、デジタル販売よりもパッケージ販売の売上高比率が高い状況です。新作はパッケージでの購入割合が高く、旧作はデジタルダウンロードでの比率が高くなります。今後は、長期間の販売を図るためにも、デジタル販売を推進してまいります。 その取り組みの一環として、当社の販売サイトを大幅にリニューアルしましたので、今後、デジタル販売の比率がさらに増加することを期待しています。また、販売サイトをアプリ化することにより、利便性や購入導線の最適化を図りたいと考えています。

*

次にMMO事業です。当期は、拡張版「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」を発売しました。これに伴って会員数が大幅に増加し、サービス開始以来4年間で最大の課金会員数となりました。 下期には、「ドラゴンクエストX」の拡張版を発売しますので、その効果が会員数の維持・増加に貢献することを期待しています。

ページの先頭へ

印刷 PDF