2011年12月8日 米Google ネイティブ クライアントに関する発表会スピーチ(代表取締役社長 和田 洋一)

本日はこのような重要な発表の場にご招待いただき、誠にありがとうございます。
皆様方とこの場にいられる事を大変光栄に思います。

グーグルが提唱するNative Clientは、IT産業だけでなく、ゲーム産業にとっても、真に革新的であり、世界中のお客様から広く歓迎されるものと確信します。

ビデオゲームは豊かな表現力を持っており、世界中のお客様の支持を得ております。しかしながら、一方で、あまりにも複雑なアプリケーションであるために、ゲームに特化したコンソールでなければプレイする事ができませんでした。

我々ゲーム業界は、より多くのお客様に楽しんでいただくために、一般的なデバイスでもゲームが提供できる様に努力してきました。既にカジュアルゲームやソーシャルゲームと言われている分野では、これまでゲームに接した事のない多くのお客様がゲームの世界に入っています。しかしながら、提供されるゲームは、簡単なものに限られていました。

グーグルのNative Clientは、この問題を解決してくれるのです。

我々は、Native Client版の第一弾として、「Mini Ninja」の移植版をリリースいたします。
本日はデモをご用意していますので是非後ほどご覧いただき、当社の開発者に実際の移植作業などについて質問してみてください。

しかし、デモをご覧いただいても残念ながら皆さんには非常に伝わりにくい。
なぜなら、ゲームコンソールでプレイしているのと見分けがつかないからです。
我々はこの移植作業を通して、Native Clientがいかに優れたソリューションであるかを確信する事が出来ました。

私は、コンソール並みの品質のタイトルが優れているとも、これら高品質のゲームを全てのお客様がプレイすべきだとも思っていません。
お客様の嗜好が多様である以上、ゲームも多様であるべきだと言っているのです。
全ての素晴らしいサービスは、必ずお客様に幅広い選択肢を提供しています。
グーグルのNative Clientにより、はじめてこれが実現しました。

さらに、重要なのは、ゲームコンソール並みの品質でゲームが表現できるという事だけではありません。
もともとChromeがブラウザである事がクリティカルです。ゲームのソーシャル要素が飛躍的に進化するきっかけになってくれるのです。

グーグルと共に、世界中に豊かなゲーム体験を広げられる事に非常にエキサイトしています。
皆様と共に新たな時代を開いて行きましょう。

(ご参考)
Native Client Event: December 8, 2011 / GoogleDevelopers’s Chennel - You Tube(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=g3aBfkFbPWk

ページの先頭へ

印刷 PDF