2011年11月4日開催 第2四半期決算説明会 概要

  • この記事をはてなブックマークに登録する
*

自社IPの強化については、10のIPの構築を目指して取り組んでいます。

「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」、「トゥームレイダー」、「キングダムハーツ」など現在保有する強力なIPに加えて、新たなIPの構築を目指して、品質にこだわって開発に取り組んでおります。 この第2四半期に発売した「デウスエクス」の品質も非常に高いものになりましたし、このIPもフランチャイズとして育てていこうと考えております。 また、現在はまだ公表していないIPも、ここ数年で2~3タイトルは、間違いなく皆さまに公表できると思っています。 新たにIPを構築する際の基本的なビジネスモデルは、現状はパッケージ販売が基本と考えていますが、ネットワーク要素も標準になってきておりますので、継続して利益貢献が可能になることをIPの条件として、10のIPの構築を目指していきたいと考えております。

*

通期の計画は、期初から変えておりせん。

現状のまま推移すればおそらく計画の達成は、大丈夫だと思うのですが、前期がどん底だった反省も踏まえて、ゲームの中身の品質管理をかなり厳しくやっており、品質が満たないと判断した場合は、出さない場合もありますし、現時点で数字を変更することはしません。

*

以降は、通期計画値の参考資料になります。

ページの先頭へ

印刷 PDF