close

ニュース

2011.02.14
スクウェア・エニックス・ホールディングス

フランスのグッズ販売業者に対する知的財産権侵害訴訟で勝訴

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスおよび株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:和田 洋一、以下、スクウェア・エニックス・グループ)は、このたび、「FINAL FANTASY(ファイナルファンタジー)」および「FULLMETAL ALCHEMIST(鋼の錬金術師)」の商標権侵害ならびに「ファイナルファンタジー」シリーズの著作権侵害を理由として、フランス・パリ市の日本製コン テンツのグッズ輸入・販売業者la société SAKURA(以下、SAKURA)を相手取った知的財産権侵害訴訟において勝訴し、海賊版グッズの輸入・販売の差し止め及び80,000ユーロの損害賠 償を認めるパリ大審裁判所の判決が確定しました。
スクウェア・エニックス・ホールディングスの法務・知的財産部長 長谷川 泰彦は、本件訴訟の終了に際し、以下の通りコメントしています。
「パリ大審裁判所によりSAKURAによる海賊版グッズの輸入・販売の差し止めおよび相当額の損害賠償が認められたことで、本知的財産権侵害行為の悪質性 のみならず、海賊版グッズ販売がビジネスとして見合わないことが示されたと評価しております。当社グループは、知的財産権を重要な経営資源の一つと位置付 けており、今後もグループの知的財産権が侵害されたと判断した場合、民事的対応のみならず刑事的対応も含め、毅然とした態度で臨んでいく所存です。」

(事件の概要)
被告のSAKURAは、「KONCI」の屋号にてパリ市内に店舗を構え、「ファイナルファンタジー」および「鋼の錬金術師」の商標権ならびに「ファイナル ファンタジー」シリーズの著作権を無断で使用した海賊版グッズの販売を行っており、また、同社が運営するウェブサイト上ではEU全域に向けて海賊版グッズ の販売を行っていました。スクウェア・エニックス・グループは、2009年5月28日付でSAKURAをパリ大審裁判所に提訴していました。


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。