close

IR情報

2020(令和2)年2月5日開催 第3四半期決算説明会概要

123
2020(令和2)年2月5日開催 第3四半期決算説明会概要

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
2020(令和2)年3月期第3四半期決算説明会 質疑応答

日 時:2020年2月5日(水) 18時00分~19時00分
回答者:代表取締役社長 松田洋祐


【主な質疑応答内容】

Q. 「ドラゴンクエストウォーク」のQ3実績と今後の展望を教えてほしい。

A. 実績は非開示。今後様々な施策を打つことにより、好調を維持していきたい。

Q. 現在、来期に予定している大型タイトルの発売遅延リスクと減損リスクについて教えてほしい。

A. 発売の遅延リスクはない。しかしながら、競合他社のAAAタイトルの発売時期を受けて、当初の販売予測見直しによる減損リスクは否定できない。

Q. 「FINAL FANTASY VII REMAKE」向けの広告宣伝費は、当期もしくは2021年3月期のどちらで多く発生すると見込んでいるか?また、今後注力するプロモーション活動について教えてほしい。

A. 欧米のプロモーション活動は他地域よりも先行するため、当期の方が多く見込んでいる。ソーシャルメディアを活用したプロモーション活動により、デジタル販売の伸長を図る。

Q. 今後、現世代機と次世代機の家庭用ゲーム機への新作タイトル開発の考え方を教えてほしい。

A. 次世代機の家庭用ゲーム機は下位互換性があるため、当面は新作を現世代機と次世代機の双方に展開する予定である。従って、次世代機向け専用タイトルを発売するのはしばらく先になる。

Q. 「ドラゴンクエストウォーク」の運営に関して、ユーザーの期待に開発が追い付いていないように見えるがどう考えているか?

A. 貴重な意見として運営チームにフィードバックする。今後様々な施策を用意しており、その進捗を確認していただきたい。

Q. 「ドラゴンクエストウォーク」のヒットによって獲得した資金の使い道は?モバイルゲームの新規タイトル数を増やすか、もしくはHDゲームの新規タイトル開発に使うのか?

A. モバイルゲームに関しては、新作を厳選して投入する方針に変わりはない。来期以降、HDゲームの大型タイトルの投入による資金回収が進み、現預金の水準が上昇することが予測される。資金使途に関しては、投資と株主還元のバランスに配慮しながら検討する。

Q. 「ドラゴンクエストウォーク」のヒットによって、「ドラゴンクエストX」のユーザー数に変化は見られたか?

A. ユーザーの移動は若干見られるものの、「ドラゴンクエストX」への影響は少ない。MMOはサービス経過とともにアクティブユーザーが減少する傾向があるものの、「ドラゴンクエストX」は拡張パッケージ発売によって既存ユーザーを維持できている。

Q. HDゲームの大型タイトルがなかったにもかかわらず、販売費及び一般管理費が前年同期とほぼ同じ水準なのはなぜか?

A. 費目の入り繰りにより前年同期比で同じ水準となった。

Q. 「FINAL FANTASY VII REMAKE」の発売日変更により次回作の開発、発売スケジュールに影響はあるか?

A. 影響はない。


123