close

IR情報

2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要

2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
2019(平成31)年3月期第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス) 質疑応答

日  時:2019年2月5日(火)18時00分~19時30分
代表取締役社長 松田洋祐
 

【質疑応答内容】

Q. 「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」、「JUST CAUSE 4」の販売状況に鑑みて、これらタイトルの2020年3月期におけるリピート販売の見通しに変化は?また、リピート販売の見通しが変化することによって、中期目標である2020年3月期の営業利益400~500億円への影響は?

A. 「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」は初動が弱かったものの、3Q末時点で累計412万本を出荷しており、2020年3月期もリピート販売の伸長が引き続き見込める。「JUST CAUSE 4」は初動が当社の想定を下回る結果となったものの、アップデート等の施策を通じて2020年3月期もリピート販売を伸ばしていく。従って、中期目標達成へのネガティブな影響は限定的だろう。

Q. スマートデバイス・PCブラウザ等の営業利益が第2四半期比で大幅減益となった。売上が減少している局面で、広告宣伝費等のコストをコントロールする余地はないか?

A. テレビ広告は特にコストがかかるが、全てのタイトルで宣伝を行うわけではなく、タイトルの選別を行い、費用対効果を考慮して実施している。第2四半期比では、年末に向けて広告宣伝を行った一方で、12月の売上が4Qに計上されるため、費用が先行して利益を押し下げた結果となった。

Q.  2019年3月期の通期業績予想に関して、営業利益300億円を達成可能と見込んでいるのか、または東京証券取引所が定める適時開示規則の業績予想の修正基準(±30%の範囲内であれば修正不要)を援用して、-30%以内であればよいということか?

A.  3Qの不調をどこまで補えるか、また評価損は2020年3月期以降の新作の投入時期によっては発生する可能性がある等、不確定要因がある一方、いくつかのアップサイド要因もあるので、300億円を目標に頑張っていく。

Q. 4Q発売の新作向けに、3Qで計上した広告宣伝費の規模感を教えてほしい。

A. 個別タイトルの広告宣伝費は開示していないが、一定程度の投入は行っている。