close

IR情報

2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要

2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
2019(平成31)年3月期第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス) 質疑応答

日  時:2019年2月5日(火)18時00分~19時30分
代表取締役社長 松田洋祐
 

【質疑応答内容】

Q.  2020年3月期のラインナップの発表時期に関してコメントを頂きたい。

A. 今詳細はコメントできないが、今年のE3までには色々お知らせできると思う。

Q. 2020年3月期に想定されているラインナップで、営業利益400~500億円の達成確度を教えてほしい。

A. 現状のラインナップで2020年3月期に営業利益400億円~500億円を達成可能と考えているが、新作の投入時期や開発の進捗状況等により変動するリスクは残る。

Q. 2Q決算説明会にて、スマートデバイス向けの開発方針の変更を行うとの説明があったが、その進捗は?

A. 3Qにサービスを開始した新作に関しては、方針変更前にサービス開始が決まっていたため、成果が反映されているわけではない。来年度より、株式会社スクウェア・エニックスにおいて現行の11あるビジネス・ディビジョンを4つの開発事業本部に再編、集約して、業務の効率化、リソースの有効活用、ノウハウの集約化に取り組み、収益性の改善を図っていく。

Q. HDゲームで営業損失17億円を計上した主な要因は?

A.  2018年12月に発売した「JUST CAUSE 4」の初動が不調で、開発費の償却負担をカバーできなかったことが主な要因である。「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」のホリデーシーズンにおけるリピート販売伸長や「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」の発売によっても「JUST CAUSE 4」の下振れを補うことができなかった。

Q. 新作の初動が弱かった要因は?初動の販売本数が以前より減少し、デジタル販売によってライフタイムが伸長しているとすれば、宣伝の実施時期を変える必要はないか?

A. これだけ多くの大型タイトルが競合する中で、最初の1本として購入してもらえるような新しい体験の提供が十分に行えなかったことが主な要因と考えている。また、パッケージ販売からデジタルダウンロード販売にシフトしてきているとはいえ、多くの競合タイトルがある中でユーザーの認知度を上げるためには、初動が重要であることは間違いない。したがって、新作の発売直前に宣伝を一定の規模で行う必要がある。