close

IR情報

2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要

2019(平成31)年2月5日開催 第3四半期決算説明会(テレフォンカンファレンス)概要

*

出版事業は、電子書籍の販売が好調なため、前年同期比で増収増益となりました。大ヒット作品への依存ではなく、「マンガUP!」や「ガンガンpixiv」に掲載されている中小型作品を積み上げたことにより、収益の安定化に寄与しています。電子書籍販売は、安定的な収益基盤として2020年3月期以降も期待できます。

*

ライツ・プロパティ等事業は、前年同期比で減収減益となりました。2020年3月期以降は、eコマースやアニメ、舞台、音楽を統合した事業部を新設し、当社のコンテンツを活用することにより、業績の底上げを図ってまいります。

*

通期の業績見通しについて説明いたします。第4四半期は「KINGDOM HEARTS III」、「ロマンシング サガ リ・ユニバース」等の貢献により、大幅な収益改善を図ってまいります。 「KINGDOM HEARTS III」は、全世界で出荷本数(ダウンロード販売含む)が500万本を既に突破し、今期末までに販売本数の一層の伸長を見込んでいます。また、12月にサービスを開始した「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は、当社の想定を大幅に上回るペースで推移しています。さらに、コンテンツ制作勘定の評価減に関しては、第2四半期で厳格に精査を行っており、第4四半期で多額の追加的損失が発生するリスクは低いと想定しております。 これらの状況を慎重に見極める必要があるため、第3四半期末の時点では、通期業績予想を据え置いています。